ブログトップ

なかひらときどきブログ

mnao.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ズームOB会

約6年ぶりに勤務していた設計事務所(北村陸夫+ズーム計画工房)のOB会がありました。
場所は、師匠である北村さんが設計し、昨年末竣工した「テラス石きり」のブラッセリーピサというイタリアンレストランです。
集まったのは、北村さん、吉井さん(WIZ ARCHITECTS)、西濱さん(コンパス建築工房)、楠原さん(アーバンフォルム建築研究所)、林さん(林泰介建築研究所)、伊藤さん(アトリエヴォイドセット)、赤代さん(dot architects),小泉さん(スウィング)、山崎さん(ワイズ)、新宮さん(シングウアトリエ)、現スタッフの土井さんと僕の計12名。山崎さんは、僕のスタッフ時代から家具などさまざまな協力をいただいている方で、新宮さんは北村さんの教え子&アルバイトスタッフ、それ以外のメンバーは、スタッフから独立して関西で活躍されている方々ばかりです。
おいしいイタリアンとワインをいただきながら、北村作品の中で「これは語りたい1作」と「これは聞きたい1作」をあらかじめ選んできてもらい、それをきっかけに北村所長へのツッコミ満載で良い議論ができました。飲んで騒いで和気藹々というのもいいですが、折角これだけのメンバーが集まるので考えた簡単な企画でしたが、楽しい中にも新たな発見や気づきがあって大成功でした。003.gif
皆からの意見を受け止め、まじめに時にはボケて返す北村所長の懐の深さとお茶目さはまだまだ健在です。037.gif

a0113755_12243829.jpg

[PR]
by mnaoffice | 2010-01-27 12:46 | 建築 | Comments(0)

札幌聖ミカエル教会

札幌市中央区、北大から車で5分程の距離にあるレーモンド設計の教会(1962年)です。
現物を見るとかなり小さく見えます。屋根の形やガラスに貼られた和紙の幾何学模様がかわいらしいです。和紙模様はレーモンドのノミエ夫人によるアイデアだとか。
内部は、レーモンド得意の丸太の小屋組みが美しく、外から見るより大きく感じます。「見た目小さく、内大きい」コレ、いい建築のひとつの条件だと思います。
レーモンドは、設計料が出なかったためだとかで建設中一度も現場に訪れなかったそうです。施工は、竹中工務店。現場監督は何度も東京のレーモンドの元へ向かい打合せし、きっちり良い仕事として仕上げています。竹中ならずとも優秀な工務店は、施主にとっても設計者にとっても何よりの力です。
気張った感じがしない清清しい秀作です~。001.gif

a0113755_17355659.jpg
 正面外観

a0113755_17363270.jpg
 裏面外観

a0113755_17372082.jpg
 アプローチ

a0113755_17374485.jpg
 礼拝堂内部

a0113755_17403320.jpg
 礼拝堂内部入口方向を見る
[PR]
by mnaoffice | 2010-01-16 17:44 | 建築 | Comments(0)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。040.gif
お正月はかなりゆっくり過ごすことができました。(ちょっと飲みすぎ食べすぎ気味)
今年もクライアントのために自分に何が出来るかをしっかり考えていきたいと思います。
いろんな方々に出会える一年であることを願っています。

お正月休みに映画「アバター・3D版」を見ました。
3時間近い全編3Dの映像は、もちろん初めての経験です。映画の3Dは、USJのアトラクション「ターミネーター」のように画面から飛び出すのではなく、スクリーンに奥行きを感じる映像でした。
前から2列目の席ということもあったのでしょうが、字幕がスクリーンより少し前に浮かぶ感じで全体を視界の中に入れることが難しく、また動きの早いアクションシーンなどは目なかなかついていけず、見終わった後は少し乗り物酔いしたような気分になりました。
こうした3D映画は、今後あっという間に広がり一般化されるのでしょうね。
ちなみに内容は、正義と悪、環境破壊のアンチテーゼ、他者との共存といったハリウッド映画にいつも見られるものです。アバターもそうでしたが、バカな軍曹が突っ走ってしまうパターンは、ハリウッド映画に本当によく出てきます。日本人の象徴として、眼鏡、カメラ、お辞儀というようなものがあるように、アメリカ人を描くときに軍人とそれに対抗する博士、つまり武力と知性というのが一番わかりやすいのかもしれません。
[PR]
by mnaoffice | 2010-01-05 15:36 | 生活 | Comments(0)