ブログトップ

なかひらときどきブログ

mnao.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋津野ガルデン

秋津野ガルデンという和歌山県田辺市にある市民農園、農業体験、宿泊、みかんの木オーナーなどが行える体験型の交流施設に行ってきました。
この施設は、農業法人株式会社(株主の半数以上が農業従事者)秋津野がこの場所にある豊かな農業(田畑、産物、人)を使って「都会にない農村文化社会の実現」を謳った地域づくりの拠点となっています。
基盤となっているのは「秋津野塾」という町内会、上秋津女性の会、老人会、公民館、消防団、小中学校の育友会・PTA、商工会など24にもなるこの地域にある全ての団体がタテヨコに統合された組織です。行政や個人といったものではない地域としての組織がきちんとその背景に存在することが大きな特色です。田辺市全体ではなく市内の小さな集落単位でさらにその中にあった小さなコミュニティが地域産業(文化)の上で組織化され、時には行政や民間企業を巻き込みながら地域づくりを進めて成功しています。
メイン施設は、古い小学校の木造校舎を軽く改修したもので、農家レストランでは、地元の野菜や米を地元のおばちゃんが調理し、それぞれの家から持ち寄った食器で素朴でおいしい料理が普通に食べられます。
ここでは、料理も含めていわゆるカッコイイデザインといったものは一切見当たりません。どこかムズムズしてしまう似非モダンやゆるキャラ、東京っぽいものを欲してしまったモノやコトなどが存在していない清々しさと遠くに見える山の稜線が重なり、生活の延長上にある気持ちの良い環境を作っています。
目的が観光地化でもなければ、地場産業や地域文化の復興などではなく、高齢化していく集落の「地域コミュニティをつくること」なのがすばらしいと思います。058.gif

a0113755_1644667.jpg
 左が木造校舎を軽く改修した研修棟、右奥が宿泊棟で手前が農家レストラン
[PR]
by mnaoffice | 2010-03-26 16:07 | 建築 | Comments(0)

ソレッ展

またまた展覧会のご案内です。
サッカーチーム「ソレッテ大阪」のケンチク展が昨日から3/20(土)まで開催されています。
ソレッテメンバーである7校の建築系学生と30代ミドルエイジから50代オーバーエイジまで世代を超えて分け隔てなくそれぞれのケンチク作品や活動が展示されています。(思ったよりもすごいケンチク展になって、ちょっとびっくりです)
近くに行かれた方は是非お立ち寄りください!043.gif

場所:大阪市城東区今福南1-3-21OKTビル3階
    (地下鉄鶴見緑地線蒲生4丁目駅下車今里筋を南へ寝屋川の手前を川沿いに左折
     駅から徒歩7分)

a0113755_1620487.jpg

[PR]
by mnaoffice | 2010-03-15 16:24 | ソレッテ大阪? | Comments(0)

ゲルで展覧会

非常勤講師で行っている大阪工業技術専門学校で「つなゲルひろゲルOCT」と題する展覧会を催します。
若手建築家非常勤講師作品、今年度の卒業制作やOCTの活動の展示と盛りだくさんな内容になっています。しかもモンゴルの移動住居の「ゲル」2基を大川沿いの公園に建てての展覧会です。
ゲルの空間体験と一緒に是非ご覧ください。
日時は3月13(土)と14(日)です。
詳しくは、下記HPで。

つなゲルひろゲルOCT~ふらっと展vol.2~
[PR]
by mnaoffice | 2010-03-09 20:33 | 教育 | Comments(0)

毎日デザイン賞

今年の毎日デザイン賞は、写真家の藤井保さんが受賞したそうです
藤井さんは、旭化成の企業広告「昨日まで世界になかったものを。」などの広告写真家として知られていますが、昨年プロダクトデザイナーの深澤直人さんとともに出版した「THE OUTLINE」では、深澤さんのデザインした作品を被写体として撮影し、高い評価を得ました。深澤作品という言わば完成されたミニマルなデザイン体をまるで自然界にある風景や状態と同じように捉えて見せています。
毎日デザイン賞は、45名のさまざまな分野で活躍する調査委員から推薦された候補の中から5名の選考委員が検討し決定されるそうです。そうしたたくさんの人が関る選考過程もあってか候補の中には、デザインマネジメントの紺野登やデザインを介してさまざまな活動をするナガオカケンメイなどモノを具体的にデザインする人という枠組みを超える人も含まれています。
新聞記事の最後に「デザインの領域は確実に広がっており、今回もプロデュース的な仕事を「デザイン」として認定して…デザインとは何なのか。改めて考えさせられる選考会だった」と括られていました。つまり、モノや人、オカネの動かし方までデザインの一部と呼べる時代になっているということです。(今更ですが)
デザインをケンチクやセッケイという言葉に置き換えると少し狭義なことになりそうですが、今後そうした枠組みそのものが変わっていくことは間違いありません。ただその先に何が見えているかが問題です。045.gif
[PR]
by mnaoffice | 2010-03-02 14:42 | 生活 | Comments(0)