ブログトップ

なかひらときどきブログ

mnao.exblog.jp

建築を学んだ彼

先日、某ハウスメーカーの住宅を見学させていただいた。30代半ばのメーカーの設計者が設計した小さな3階建ての住宅です。
設計者が友人の建築家の知り合いということでうかがったのですが、クライアントのM君は、何と今非常勤で行っている学校の十年前の卒業生、しかも友人の建築家のゼミ生でした。こわいくらいの偶然です。
クライアントである彼は、今では音響の仕事をしていますが、学生の頃には若いエネルギッシュな先生とかなり熱く建築に向かっていったようです。その彼がメーカーの優秀な設計者と出会い、お互いが一目惚れし、週末の打合せは毎回10時間を超えたそうです。(朝打合せに出かけて、昼ごはんと晩ごはんを一緒に食べて一番最後に返ってくる状態・・・スゴ!)
M君はその設計者との打合せが終わるのが嫌だったそうです。
学生の頃、建築と本気で向かい会った彼が、30代になってクライアントととして設計者と共に家作りに本気で向かいあったのです。
生活すること、人とのつながり、地域の中での家族、現代性など学生時代から本当に大切にしてきたことがカタチとなって現れていました。
久々に気持ちの良い住宅の見学でした。072.gif072.gif072.gif
[PR]
# by mnaoffice | 2009-02-05 21:15 | 建築 | Comments(0)