人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

なかひらときどきブログ

mnao.exblog.jp

フルーツ・オブ・パッション

兵庫県立美術館で行われている「フルーツ・オブ・パッション ポンピドーセンターコレクション」に行ってきました。行くたびに美術館自体はあまりなあ・・・と思いつつ、さっすがポンピドーという内容です。
サイ・トンブリーの抽象作品やフェラー・アタッシのモザイクタイルを描いた作品など全て見ごたえ十分ですが、アンリ・サラの「入り混じる行為」はすごい。入った時には暗すぎて周りが見えない暗室内での映像作品ですが、雨の中で繰り広げられる音と映像の迫力は、人の持つ狂気や暗部にうったえかけてきます。もうひとつは、全く対照的なツェ・スーメイの映像作品「エコー」。厳しくも美しい絶景の中でひとりの女性がチェロを弾いている。映像の広大なスケール感とチェロの音の響きは、自然と人の双方の強さや関係の深さを感じます。
にしても暗室から出てきた関西のおばちゃん達(といってもたぶん年下)「ムッチャコワイ、ムッチャコワイー」あんたらの方が怖いちゅうねん!あ、すみません・・・

NAKAHIRA ARCHITECTS

フルーツ・オブ・パッション_a0113755_1030574.jpg

by mnaoffice | 2014-03-19 10:24 | 生活
<< designboom セカンドライフ >>