ブログトップ

なかひらときどきブログ

mnao.exblog.jp

ワインと外交

以前、食と建築について書きましたが、今回は食と政治についての本。
ワインと外交(西川恵著/新潮新書)は、普段私達が体験することのできない外交で催される「饗宴」について書かれているちょっとめずらしい本です。著者は、毎日新聞社の特派員を経て、外信部長、専門編集委員といういわばメディア側の政治のプロです。
「饗宴は、外交の重要な道具立てである。」という一文から始まります。饗宴には、さまざまな政治的メッセージが、明示的、黙示的に込められ、それは、政治そのものであり、時代的な背景も含めて、非常に深い読み込みが出来るものとしてあることがよくわかります。料理が何品出されて、ワインやシャンパンの格付け、デザートや食後の音楽の内容など恐いくらいの差があります。最近では、麻生総理が、世界の閣僚で始めてホワイトハウスに招待され、オバマとの共同会見だけで、昼食会が催されなかったことは、記憶に新しいですが、あれもそういうことなんでしょうか。039.gif
歴史的には、豪華絢爛な食卓から第2次大戦以降は、品数も減らされ儀礼は簡略化し、実質的に洗練、スリム化され、今では「ヘルシー」と「食の安全」という極めて日常的なキーワードになっていることがおもしろい。、(政治家もやはり健康第一、エコと食の安全言っとけば、大丈夫ですものね。狂牛病や鳥インフルエンザ言うてる時に鳥や牛出したら、ただの嫌がらせやし。025.gif
もうひとつは、「普遍化」と「個別化」という二つの方向性があるといいます。「普遍化」とはつまり、西側先進国のグローバリズムであり、中国やロシアが西側のワインをテーブルに乗せたり、フランス料理のエッセンスを盛り込んだりすることで、「個別化」とは、各国の独自性。2005年、ブッシュ大統領は、フィリピンからの移民の女性をホワイトハウスの料理長に抜擢し、料理界ではかなり革命的なことをやり、日本でもフランスワインではなく、日本のワインが出されるようになってきているとのことです。
その他、ちょっと怖いくらいの生々しい話があったり、何よりメニューを読んでいるだけでお腹がすいてくる感じがして楽しい本です。でも、当事者は、料理やワインをどこまで楽しめているのか?以外に読者の方が「饗宴」を楽しんでいたりして。011.gif
[PR]
by mnaoffice | 2009-03-30 01:38 | | Comments(0)
<< 同窓会 夢 >>