人気ブログランキング |
ブログトップ

なかひらときどきブログ

mnao.exblog.jp

鰊御殿

小樽にある鰊漁で莫大な富を成した網元の住宅です。住宅と言っても100人を超える漁の雇い労働者(ヤン衆)や女中までが住む住宅兼寮みたいなものです。
内部は、驚くような大きな木の梁が多層に組まれており、当時の網元の財力が見て取れます。中には1本で6間、約11mの梁もあり、構造の迫力は桁違いです。風雪に耐えることはもちろんだと思いますが、やっぱりここでもデッカイドウ!

a0113755_18374059.jpg
 明治30年に建てられ、この場所に移築されている。屋根に望楼が付いた和洋折衷建築

a0113755_18375570.jpg
 庇は1間ほど出ている。雪の重さを考えれば桁違いの跳ね出し。
 窓上の庇裏も丁寧な仕事がされていた

a0113755_18381852.jpg
       7層にも組み上がる小屋組。ここまでせんといかんのかねえ

a0113755_18384829.jpg
 1階の座敷。梁がよくとんでますね~。柱ではなく、梁と垂れ壁で仕切られる空間

a0113755_18392950.jpg
       2階、3階はヤン衆の寝床

a0113755_18393958.jpg
 目の前は日本海。船の上に建っているかのよう

a0113755_1840096.jpg
 駐車場の管理小屋。よく出来てます

a0113755_18401577.jpg
 ロシア製?
by mnaoffice | 2009-11-12 19:15 | 建築
<< T 邸(庭の改装) 北大モデルバーン >>